導入費用が高くなってしまう

オーダーメイド形式では自社の業務に合わせて人材管理システムを構築することができます。そのため、今までの業務がより便利になり、利用部門が導入メリットを感じやすいと言えます。しかし、一般的にはパッケージの人材管理システムを導入する費用より高額となります。最近ではクラウドでサービス提供されているものもあり、導入しやすいよう初期費用が無料であることも少なくありません。このようなものと単純に比較してしまうと、導入費用において大きなデメリットを感じてしまいます。もちろん、すべてのケースにおいてオーダーメイド形式が不利であるとは限りません。必要な機能を絞ることで、オーダーメイド形式でも費用を抑えて導入することができます。

導入までの期間が長くなってしまう

オーダーメイド形式の場合、自社の業務分析や要望のヒアリングからスタートとなります。そして必要な機能を取り入れたシステムとなるよう設計書が作成されます。その後、システム開発やテストが行われ、システムとして稼働するまでにはかなりの期間がかかってしまいます。パッケージではテスト済のシステムがすでに用意されているようなものなので、導入期間においてはどうしてもデメリットとなってしまいます。また、オーダーメイド形式の場合、いくらテストをしていても何の問題もなく稼働できるとは限りません。場合によっては、システムの不具合を運用でカバーしながら稼働させるケースもあり、安定稼働となるまで時間がかかります。このように、システム品質においてもデメリットがあると言えます。