自社サーバー上で安心して運用可能

人材管理システムをパッケージ型で導入するメリットは自社サーバーで運用できることです。パッケージ型はクラウド型と違ってクラウドサーバーのような他社も使用している共通のハードを使用することがありません。社内のネットワークと社内サーバーだけで利用することができるため、その全体のセキュリティーを徹底して整えていれば安心して運用することができます。人材管理システムでは社員個人の情報が含まれていることから漏洩リスクについて十分に気を付けることが必要です。クラウドサーバー側のセキュリティーホールの影響で情報漏洩が起こるといったトラブルが起こることもないわけではないため、自社サーバー上で運用できた方が安心です。

カスタマイズや最適化をしやすい

パッケージ型の人材管理システムは納品時にカスタマイズしてもらうことができるのが一般的です。パッケージになっているとはいえ、標準仕様から変更できなくしてしまって個別の現場では使いにくいシステムになってしまうと買い手が見つかりません。どの現場に納品した場合であっても使いやすいシステムでなければ他社製品と比べられて顧客獲得機会を失ってしまうリスクがあるからです。カスタマイズに対応してくれるだけでなく、運用中も適宜最適化のためにシステム変更が可能なパッケージ型人材管理システムもあります。クラウド型のように他社との共有がないので完全に自社専用の形に最適化を進められるため、機能性も飛躍的に高めることができるでしょう。